投稿日:2020年3月20日

気になる足場鳶の仕事とは?

こんにちは!
奈良県北葛城郡に拠点を置き、奈良市をはじめとした近畿一円であらゆる規模や用途の建築物を対象に、仮設足場工事全般を手掛けている株式会社Trybuild工業です。
今回は、足場鳶の仕事内容が気になる方向けに、詳しく仕事内容をお伝えします。
足場鳶と聞いて、なんとなく足場を組み立てる仕事と想像できると思います。
ですが、適当に組んでいるわけではありません。
緻密な計算と、繊細な技術を駆使して足場はでき上がっていきます。

建設現場で足場の組み立て

主に建設現場で組み立てることが多いです。
新築の現場だと地面から屋上まで組み立てることもあります。
30m超の高さまで組み立てることもあり、大規模な現場だと非常に大きく綺麗な足場ができ上がります。
高所での仕事になるので、高所恐怖症の人は少し怖いかもしれません。

足場の解体も足場鳶の仕事

当然組み立てた後は解体します。
建設現場では初めに足場を組み立て、塗装や鉄骨の職人が仕事をするために使われます。
そして足場を使う職人がいなくなると、解体も行います。
大変なのは組み立ての方ですが、解体の大変な仕事です。

<最初から組み立て・解体に携われるわけではない/h3>
鳶職人になると、最初から足場を組んだり解体したりすることに携われるわけではありません。
まずは道具や足場の材料の名前を覚えたり、運んだりすることから始まります。
何もわからないまま現場で足場を組むことはできません。
最初の1年は修行の期間だと思って頑張りましょう。
道具や材料の名前を覚え、運びながら先輩の仕事ぶりを観察しましょう。
どんな道具をどういう風に使っているのか、どんな材料を使っているのか。
そして組み立て方も観察しましょう。
修業期間で知識を積み立て、実際に携われるようになってから発揮できます。

知識と経験を積み立てていくことが大事

修業期間で知識を詰め込み、それを実践で徐々に使えるようにすることが最初の仕事です。
誰もが最初は右も左もわかりません。
先輩の仕事を見て覚えて、怒られながら自分の経験とスキルとして吸収します。
仕事ができる先輩はそうやって仕事を覚えてきました。
毎日仕事をしながら成長することを意識すると早く一人前の職人になることができます。
弊社は腕の良い職人が多いので、未経験者でも安心です。
足場鳶の仕事に興味がある人は、お気軽に求人情報ページからご応募ください。
皆様のご応募お待ちしております!

足場なら株式会社Trybuild工業へ!

仮設足場のご用命は、株式会社Trybuild工業にお任せくださいませ。
迅速なのはもちろん、高品質な施工を行います。
まずはお問い合わせください!
最後までご覧頂きありがとうございました。

近畿一円で鳶・足場工事は奈良の株式会社Trybuild工業
ただいま、新たな現場スタッフを求人中です!
〒639-0214 奈良県北葛城郡上牧町大字上牧4058-1
TEL:0745-51-5578
FAX:0745-51-2308


関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社Trybuild工業では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足 …

お問い合わせ  採用情報