投稿日:2020年3月14日

足場鳶の需要はピーク近い

こんにちは!
奈良県北葛城郡に拠点を置き、奈良市をはじめとした近畿一円であらゆる規模や用途の建築物を対象に、仮設足場工事全般を手掛けている株式会社Trybuild工業です。
今回は、足場鳶の需要が高まっている理由をお伝えします。
年々需要が高まってきていて、足場鳶を押さえることが難しくなっています。
建設現場ではもちろん、一軒家やマンションでも組み立てる足場。
なぜそんなに足場が求められているのか?
その理由を以下で順に解説していきます。

足場鳶職人が減っている

大きな理由として、職人自体が減っていることが挙げられます。
昔は中学・高校を卒業して職人になる人が多くいました。
しかし最近は大学に行く学生が増えており、進学率が約半数近くにまでなっています。
そして建設業界に進む人も少なくなっているため、職人の数が減ってきてしまいました。
職人が減ってしまうと人数を揃えられず、請けることができる仕事の数も減ってしまうことになります。
仕事はあれど捌くことができないのが現状です。

仕事の供給が多くなっている

圧倒的に仕事の数が増加してきています。
東京オリンピックや大阪万博、自然災害の影響などが大きいです。
新しく会場を建てるなど、改修の工事が多いため、間に合っていないという状況に陥ってしまっています。
職人の数が減っているのに仕事の数が増えているのが問題です。
需要と供給のバランスが上手く成り立っていません。

事故や災害に敏感になり、高い品質が求められている

工事現場は危険が多く、事故や災害によって怪我をする確率が高い業界です。
近年、世の中は災害に厳しくなり、一切の事故や災害がないように求められています。
そのため、使用者が怪我をしない安全な足場を確実に組むことが最重要です。
高品質を保つためには職人の腕にもよりますし、高品質の材料も必要です。
ただ、材料や職人を集めるためには資金も必要になり、会社の経営にも大きな影響を与えています。
腕の良い職人はひきいりなしに仕事が舞い込むという状況になっています。

需要が高いため、待遇が良くなっている

以上の理由から、足場鳶の需要はピーク近くなっています。
特に腕の良い職人は仕事が絶えず、当分仕事がなくなるということはありません。
未経験者でも一年経験すればスキルは身に付きますし。腕の良い経験者なら待遇もかなり良いです。
どの会社でも絶えず足場鳶の募集をかけています。
弊社でも足場鳶の募集をかけているので、未経験者でも安心して応募ください。
仕事がなくなることがないので、将来性も十分にあります。
この機会に、足場鳶の業界へ足を踏み入れましょう!
ご応募は採用ページからできますので、皆様のご応募お待ちしております!
お気軽に求人情報ページからご応募ください。

足場鳶なら株式会社Trybuild工業へ!

仮設足場工事のご依頼は、株式会社Trybuild工業にお任せください。
迅速かつ高精度な施工をお約束します。
まずはお問い合わせください!
最後までご覧頂きありがとうございました。

近畿一円で鳶・足場工事は奈良の株式会社Trybuild工業
ただいま、新たな現場スタッフを求人中です!
〒639-0214 奈良県北葛城郡上牧町大字上牧4058-1
TEL:0745-51-5578
FAX:0745-51-2308


関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社Trybuild工業では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足 …

お問い合わせ  採用情報